営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

050-5807-3410 050-5807-3410

  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「Studyアメリカ西海岸のHPを見た」とお伝え下さい

アメリカ西海岸の習慣

マナー・チップ

マナー・チップ

ロサンゼルスへの語学留学の際に必要となるマナー。特に、日本では全く馴染みのないチップに対して、苦手意識を感じている方も多いのではないでしょうか。しかし、慣れてしまえば簡単です。

チップについて

レストランやタクシーなどでサービスを受けた際に必要なチップ。これらの額は、満足度によって変わってきます。通常の料金をご案内致します。

レストラン
レストラン

ランチでは料金の10〜15%、ディナーでは15〜20%がチップの相場です。高級レストランなどでは、20%を準備して下さい。サービス料金が支払額に含まれていることも有りますので、支払い前に確認しておきましょう。(ファストフードでは不要ですが、バイキング形式のレストランでは15%程度必要です)クレジットカードで支払う場合はチップの金額欄に記載しますが、後から改ざんされないよう$100.00のように記入します。
バーテンダーにお酒をつくってもらった際は、1杯につき1ドル。ワインスチュワードにお世話になる際は、ワインの値段の10%が基本です。レストランと言えば、飲食だけではありません。コートルームや化粧室のアテンダントにお世話になった際も、1ドル渡します。
お気に入りのレストランやよく行くレストランでチップをはずんでおきましょう。次に訪れた際の待遇が変わってきます。
ピザや中華のデリバリーでは、金額の15%を準備しましょう。

ホテルの宿泊
ホテルの宿泊

ホテルに宿泊の際ベルマンが荷物を運んでくれますが、荷物の大きさや個数によって渡す金額はかわります。1個につき1〜3ドルが目安です。かばんが2つの際、軽ければ2ドルでかまいませんが、2つとも重ければ4ドル。荷物が多くなれば、多目に渡しましょう。荷物が1つだけの場合でも最低2ドルは渡して下さい。
ベッドメイキングは、1〜2ドル。連泊する時や、部屋を汚してしまった場合は、状況に応じて2〜5ドル準備しましょう。ベッド横のナイトテーブルなどに置いておきます。
ドアマンが扉を開けただけの場合は不要ですが、タクシーを呼んでくれた際は1ドル。天気の悪い日は、2ドルに奮発してあげて下さい。
コンシェルジュには3ドル以上を支払います。特に、なかなか取れないチケットを努力して入手してくれた場合には、チケット代金の10%渡して下さい。
ホテルのフロントでは、チップは不要です。

パレットパーキング

パレットパーキング(本人に代わって車を駐車してくれるサービス)でも、チップが必要です。ホテルやレストランのランクにより価格が変わり、1ドル〜5ドル程度渡します。駐車を依頼する時は不要。出してもらう時に渡します。

車の洗車

車の洗車をしてもらったら2ドル渡しましょう。

タクシー

金額の15%が目安。短い距離を乗った場合でも、最低でも1ドルは支払いましょう。

エステ、ビューティーサロン

エステなどでは施術料金の15%〜20%が相場。ただし、経営者がマッサージをしてくれた場合は、チップは支払わなくても大丈夫です。

カジノディーラー

カリフォルニアに語学留学する際、ラスベガスまで遊びに出かける方も多いでしょう。カジノを楽しむ際には、ディーラーへチップを渡すのもマナーです。負けた時は不要ですが、勝った場合は金額から少し渡すようにして下さい。

チップが不要なサービス

ショッピング中に対応してくれたショップスタッフやレンタカーの担当職員、航空会社の職員などには必要ありません。

レストランでのマナー

レストランでのマナー

日本では、ウェイトレスを呼ぶ際に「すみません」と声を張る方をよく見かけます。しかし、アメリカでそれを行なうとマナー違反です。テーブルの担当者が決まっていますので担当の方に声をかけますが、近くにいない時は黙って手をあげるかじっと待ちましょう。
オーダーの他に、会計も担当に伝えます。会計はレジではなく、テーブルで行なうのがアメリカ方式。支払はテーブルごとに。語学学校の友人とお食事に出かけても、まとめて支払うようにして下さい。

タバコのマナー

アメリカでは、公共施設やビーチなどで喫煙が禁止されています。アメリカのレストランは、分煙と喫煙が分かれているところが多く、特にカリフォルニア州のレストランは、徹底して全面禁煙です。

お店のレジでのマナー

お店のレジでのマナー

アメリカでは、スーパーなどでレジを打つ従業員とお客様がおしゃべりを始めるケースをよく見かけます。友人同士と言うわけではなく、顔なじみのお客様や初対面の方と会話を楽しんでいるのです。そんな時、会話の邪魔をするのはマナー違反。じっと待たなくてはいけません。また、あなたがレジの方から話しかけられる事も。後ろの列の長さを気にしながら英語の勉強と思って会話をしてみて下さい。
小さなお店では店員がレジにいないこともあります。そんな時、日本人なら店員を探して声をかけるでしょうが、アメリカではじっと待たなくてはならないのです。
また、カリフォルニアではレジ袋は禁止されていますので、エコバックを持って出掛けましょう。

レディーファースト

アメリカはレディーファーストの国です。男性の皆様、タクシーに乗る際、お店の入口、エレベーター、レストランで席を案内された時、コートを脱ぐ時など、どんな場面でも必ず女性を優先することがマナーです。うっかりレディーファーストを忘れてしまうと、必ず周りの方から眉をしかめられてしまいます。なお、「お先にどうぞ」は英語で「After you」もしくは「Go ahead」と言いますので、声掛けする男性も、声を掛けられる女性も、覚えておきましょう。
レディーファーストとは少し違いますが、ドアを開けたら後ろの人のためにドアを押さえておくことも大切なマナーです。日本でもこのような思いやりが日常になると素敵ですね。

エクスキューズミー

エクスキューズミー

日本では、街中で誰かにぶつかっても無言で立ち去る方を多く見かけます。しかし、アメリカでは「Excuse me」の一言がとても大切です。トラブルを起こさないためにも、しっかりと挨拶をしましょう。
また、買い物で同時に同じものを取ろうとした場合も「Excuse me」、会話の最中にクシャミなどをした場合も「Excuse me」を使います。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

B.I.C

Bridges for International Communication お問い合わせ先(営業時間10:00〜17:00)

050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません。
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディアメリカのHPを見た」とお伝え下さい。
× CLOSE