営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

050-5807-3410 050-5807-3410

  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「Studyアメリカ西海岸のHPを見た」とお伝え下さい

アメリカ西海岸の習慣

レンタカー

レンタカー

車社会のアメリカでは車が無いと移動に不便を感じます。
こちらではアメリカ西海岸でレンタカーを手配する方法についてご紹介します。

アメリカでレンタカーを借りる

アメリカでレンタカーを借りるには、「免許証」と「国際免許証」が必要です。
国際免許証は、日本国内の各地の免許更新場所に免許証とパスポート、証明写真を持参すればすぐに作ってもらえます。
最近はレンタカーを借りる際に国際免許証を必要としないサービスを行っているレンタル会社もあります。

レンタル会社を選ぶ
アメリカでは速度制限が州によって異なる

レンタカーを借りる場所や返却する場所からレンタカーを決める必要があります。
一番良いのは空港で貸し出しと返却の出来るレンタカー会社です。現地でもプランを決めてから便の良い方法でレンタルできる会社を選びましょう。

予約は日本でしておくと便利
アメリカでは速度制限が州によって異なる

現地であわてることが無いように、ネットなどで出発前に日本で予約しておくことをお勧めします。分かりにくい保険の内容や残ったガソリンはどうするのか、車の乗り捨てが出来るのか等、日本語で書かれているほか、日本人スタッフが説明してくれます。

現地のレンタル会社で車を借りる
アメリカでは速度制限が州によって異なる

現地の空港に到着したらレンタカー会社のカウンターを探して、予約をしている旨を伝えましょう。日本で予約済の場合カウンターでの手続きがスムーズですし時間の短縮になります。
手続きが終わったら車のカギを受け取って指定されたナンバーの車に乗るように言われますので、不具合がないかチェックのために試運転をした後出発です。

返却
アメリカでは速度制限が州によって異なる

レンタカーを返却する際にはガソリンを満タンにしておく必要があります。ガソリンメーターがFULLのメモリを下回っていた場合通常よりもはるかに割高の不足分のガソリン代を請求されてしまいます。
また、逆に返却時のガソリンをレンタル会社から買い取る契約の場合は、なるべくガソリン残量は少なく、空っぽにしておきましょう。返却場所が空港の近くということも多いのですが、大きな看板などで道案内がされているので迷う事はないでしょう。
あとは係員の指示に従って車を返却し鍵を返して支払いをしたら終了です。返却には時間がかかる場合がありますので飛行機の搭乗時間には余裕を持っておきましょう。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

B.I.C

Bridges for International Communication お問い合わせ先(営業時間10:00〜17:00)

050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません。
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディアメリカのHPを見た」とお伝え下さい。
× CLOSE