営業時間 10:30~17:00 (定休日:年末年始)

050-5807-3410 050-5807-3410

  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「Studyアメリカ西海岸のHPを見た」とお伝え下さい

アメリカ西海岸の習慣

交通事情,交通ルール

交通事情,交通ルール

日本とアメリカでは交通ルールも違います。またアメリカは、州ごとに法律が違う事にも注意が必要。ここでは、交通ルールについてご紹介いたします。

アメリカの交通ルール

アメリカは交通ルールが日本とは違います。知らずに事故やトラブルを起こさないように確認しておきましょう。

アメリカは右側通行
アメリカは右側通行

アメリカでは、左ハンドルという事からもわかるように原則右側通行です。最初は戸惑うかもしれませんが、周りに合わせていけば意外とすぐに慣れるので大丈夫。
気を付けたいのは駐車場から道路へ出る際に左側に入ってしまったり、周りに車がいない状態の際に無意識に左側走行してしまったりという状況です。
車を運転する際は、左右の確認を必ず行いましょう。

アメリカでは速度制限が州によって異なる
アメリカでは速度制限が州によって異なる

アメリカは、州ごとに法律やルールが細かく違います。同じスピードでもある州では無罪、別の州では有罪になり、違反切符を切られる可能性もあります。州境が近づくと道路標識が出て来ますので見落とさないようにしましょう。
また、州境にはハイウェイパトロール(日本のネズミ捕りのようなもの)が巡回していてスピード違反者がいないか目を光らせています。違反切符を切られると日本同様高額の罰金を支払う義務が生じます。

駐車違反に注意
駐車違反に注意

アメリカでは郊外には無料の駐車場が多く、駐車に困ることはまずありませんが、市内や都市部ではそうはいきません。都心部やダウンタウンでは有料の駐車場や路上のパーキングメーター、バレーパーキング等を使用しましょう。
アメリカは路上駐車に大変厳しく、取り締まりを民間に委託しているため、路上駐車をすればあっという間に駐禁チケットを貼られ、罰金を支払う事になります。

交差点
交差点

日本に無い交通ルールの一つとして、アメリカでは交差点では一度停止し、先に交差点に入った方から出発します。どちらが先に入ったかわからない時は相手を優先するとスムーズですし、ジェスチャーやアイコンタクトで「お先にどうぞ」と促される事もあります。

※こちらに掲載の情報は変更になることがありますのでご注意下さい。

B.I.C

Bridges for International Communication お問い合わせ先(営業時間10:00〜17:00)

050-5807-3410 050-5807-3410
  • ※お電話でのカウンセリングはお承り出来ません。
  • ※お電話でのお問い合わせの際は「スタディアメリカのHPを見た」とお伝え下さい。
× CLOSE